まえうみ市民の会への参加

20140818

 

 

 

 

 

 

 

8月18日(月)鹿島市干潟展望館で開催された「まえうみ市民の会」に参加しました。

今回はラムサール条約の勉強会ということで、佐賀大学五十嵐教授が、ラムサール条約についてや韓国順天市の取り組み内容について報告。

ラムサール条約湿地に登録されるのはスタート地点で、登録後により積極的な環境保護を行うため、市全体がどのように取り組んでいくのかという「環境保護戦略」がとても重要と話されました。

その後、日本野鳥の会佐賀県支部の中村さやかさんが、釜山市「洛東江河口エコセンター」について、元鹿島市役所産業部長の中川宏さんが行政からみたラムサール条約湿地登録に向けた取り組みについて話されました。

佐賀県の湿地保全に向け大きく動き出す中で、学生も有明海での活動をはじめています。


« »