離島・中山間地での合同夏期実習を実施

8.19 1 8.19 2 8.19 3

8月19日(火)~21日(木)の3日間、佐賀大学医学部と佐賀県出身の自治医科大学生、長崎大学医学部の学生が共に現場で学ぶ「合同夏期実習」を行いました。

学生は4班に分かれ、玄海原子力発電所の見学や唐津赤十字病院等訪問、離島・山間部における病院・診療所実習、健康講座開催、地域住民との交流会などを実施。

各離島・山間部で開催した健康講座には、多くの地域の方にご参加いただきました。
小川島では「去年も講座に来て、とてもいい話が聞けたので今年も来ました」という方もいらっしゃいました。

3日間、県内各地の医療、保健、福祉の現場に触れ、また地域の方々との交流を深めることで、地域医療に携わる医師の役割や責任を認識するとともに多くの方との出会いがあったようです。

笑顔の写真からもわかるよう「地域の人と交流し、楽しみながら学ぶ」そんな素敵な実習でした。

 


« »