小城市でのフットパスコースづくりが進行中

0006_xlarge 0042_xlarge DSC01553

3月29日(火)、「地域資源を活用した市民の健康増進と地域活性化のための方策」に関して、北九州市立大学の内田先生、廣川先生、廣川ゼミの学生3名が佐賀大学に来られ、戸田ゼミの学生と合同ゼミを行いました。

午前中はこれまでの調査研究報告とディスカッションを行い、午後はフットパスコースづくりを行っている石体地区を歩きながら意見交換をしました。その後、小城市役所会議室にて、小城市役所の方も交え、フットパスの取り組みにおける大学および行政の果たす役割についてや、石体および小城市での今後の活動についてディスカッションを行いました。

4月10日(日)10時からは「フットパスイベントin石体まつり」の実施予定です。


« »