「有明海学Ⅳ」のグループ調査

1 %ef%bc%96 %ef%bc%98

佐賀市東与賀町の東よか干潟に、インターフェース科目「有明海学Ⅳ」の郡山班(学生5名)のグループ調査に行きました。

今回は、干潟の埋在性ベントスの調査のため、学生は寸胴を穿いて干潟に入りました。
はじめは、干潟での移動がスムーズにいかず苦戦していましたが、コツをつかんだ後は割とスイスイと移動していました。
ただ、かなり体力を使う泥干潟での移動に「明日は筋肉痛かな~」とつぶやく学生も。

学生は調査中に、観光客の方からいろいろと話しかけられ、これまで有明海学で学んだ知識を活用して、調査内容や干潟の生物について説明していました。

大学に戻って、採取した底質サンプルの分析をして本日の調査は終了しました。


« »