インターフェース科目「地域環境の保全と市民社会Ⅲ」の授業スタート

本日、4月13日(木)、インターフェース科目「地域環境の保全と市民社会Ⅲ」の授業が始まりました。
約40名の受講生は、「地域環境の保全と市民社会Ⅰ・Ⅱ」において、市民と一緒に佐賀県内の環境問題について体験を含めて学んできた学生です。
今後の授業の中では、県内の4カ所の地域を対象に「里山イニシアティブ・里山資本主義」をテーマに、主に里山での体験学習を通して学びを深めていきます。


« »