「建築都市デザイン演習Ⅱ」で実地踏査

  
6月8日(木)、理工学部都市工学科「建築都市デザイン演習Ⅱ」の授業で初回の計画対象地の踏査を行いました。
今年も昨年に引き続き、佐嘉神社の門前「新馬場通り」を対象地とし、「門前に集まって住む」を課題としています。
これから、授業を履修する36名が7週間で建築設計に取り組みます。


« »