嬉野市の豊ふぁー夢を訪問

  

7月6日(木)、前年度にインターフェース科目「地域創成学」でお世話になった嬉野市の豊ふぁー夢を訪れました。
豊ふぁー夢では、昨年度から「えごま部会」を中心に、えごまの栽培及び販売を行っています。えごま油の商品化においては、佐賀大学の学生がパッケージデザインやチラシ作成などに関わり、3月には販売にも協力させていただきました。
今回は、豊ふぁー夢「えごま部会」に6時産業化プランナーの方をお招きし、今後の取り組みについてプランナーの方からさまざまなアドバイスをいただいていました。
本学の学術研究協力部URAも同行し、大学との共同を模索する場ともなりました。
豊ふぁー夢オーナー卯津江さんの「地域の特産品をつくり、地域活性化に貢献する」という目標達成に向け、着々と取り組みは進んでいます。


« »