建築デザイン提案「門前に集まって住む」公開発表会を開催

  

8月8日(火)、ON THE ROOF (佐賀市呉服元町2-18)において、佐賀大学都市工学科3年生による建築デザイン提案「門前に集まって住む」公開発表会を開催しました。
学生は6チームに分かれ、佐賀市松原神社の門前の新馬場通り一帯を敷地として取り組んだ中低層集合住宅のデザインを提案しました。

各チームのテーマは、多様な形の集合住宅を造り、居住者に住宅を選ぶ楽しみも与えられる「A Variety of Collective House」や、参道としての機能は保ちながら、そこを広場としても活用する「門前広場」の他、「Livable Elderly ~高齢者が住みやすい街~」「個で完結する住宅群」「common space」「広場型の門前町」で、さまざまな視点から門前町の可能性を考えました。
来場者からは多くの質問をいただき、学生は丁寧にそれに答えていました。

学生はデザインを提案する過程で、佐賀市の歴史や中心市街地の状況なども学ぶことができたようです。


« »