「九州・沖縄 COC/COC+合同シンポジウムinおおいた2017」への参加

10月28日(土)「九州・沖縄 COC/COC+合同シンポジウムinおおいた2017  COC+事業が目指すもの、そして…」に参加しました。
基調提案では、大分大学COC+推進機構長・理事(教育担当)の越智義道氏が COC/COC+事業で求められるものと大分での取り組みについて説明し、今回のシンポジウムで各県での取り組み方法及び、九州地区で連携した取り組みを模索したいという提案がありました。特別講演は、「COC+事業が目指すもの、そして高知大学の取組」をテーマに、高知大学理事(総務・国際・地域担当)・副学長の櫻井克年氏が講演し、地域ニーズを捉えた新学部設置や、地域に人材を輩出する仕組みづくり等を行う重要性を説明。今後、高知大学は「Super Regional University」を目指し、様々な改革を推進予定であるとのことでした。
分科会後の全体会では「 COC+事業が目指すもの、そして、それを越えるもの」をテーマに、九州内の大学教員と文科省職員が登壇して、分科会のまとめを踏まえて意見交換がありました。ここでは、地方創生を進めるためには、大学だけではなく、自治体や地域住民も危機感を共有し、自分事として取り組むことが大切であり、九州の大学が連携することでできる可能性を検討することの重要性を共有しました。


« »