佐賀市東よか干潟で野鳥観察会

  

12月3日(日)7時半から11時まで、佐賀市東よか干潟で「有明海学Ⅱ」の講義で野鳥の観察会をしました。朝早くからの観察会でしたが、天気も良く潮のタイミングもバッチリで、絶好の野鳥観察日和でした。かなり多くの野鳥を観察することができました。観察後にどんな鳥を見たかという「鳥合わせ」をしたところ、31種類の野鳥を確認することができました!
学生は、普段見ることができない野鳥を身近にたくさん観察することができ感激していました。また、ちょうど満潮になるタイミングでしたので、潮が満ちてくる光景を初めて見る学生が多く、干潟を遡上してくる海水のスピードに驚いていました。
観察会は、3名の佐賀県の野鳥の会の方に外部講師として来ていただき、野鳥の種類や特徴だけでなく、ラムサール条約湿地、佐賀市が取り組んでいる干潟のワイズユース(シギの恩返し米プロジェクト)などにも詳しく説明していただきました。学生は野鳥を取り巻く干潟の生態系とワイズユースについて大変勉強になったと思います。朝早くから、外部講師の方には大変お世話になりました。


« »