プロジェクトE

離島・山間地域における保健医療とQOL向上のための人材育成プロジェクト

(連携自治体) 佐賀市、唐津市

事業報告

  一覧へ  

地域医療を支える担い手の育成

  • 離島・中山間地での合同夏期実習を実施
    離島・中山間地での合同夏期実習を実施
  • 「佐賀県内基幹病院・中核病院実習」オリエンテーション
    「佐賀県内基幹病院・中核病院実習」オリエンテーション
  • 医学部地域医療支援学講座で開催された「地域医療セミナー」
    医学部地域医療支援学講座で開催された「地域医療セミナー」

※クリックするとPDFが開きます。

  概要  

目的

 地域医療実習及び自治医科大学との合同夏期実習の教育実績を基盤として、全学教育機構や農学部のプログラムとも連携して保健医療教育を実施。学生同士の交流や将来の人的ネットワークの形成、地域の文化や伝統に直に触れる機会を持つことによる地域貢献意欲の涵養等を行い、地域での保健医療充実のための人材を育成します。

主な取り組み

  1. 医学部地域医療支援学講座がおこなう、地域医療実習、及び自治医科大学との合同夏期実習への参加。
  2. 全学教育機構によるプログラムAや農学部のプログラムとの連携。

先生からの一言

杉岡 隆 医学部教授

代表:杉岡 隆
医学部教授

 合同夏期実習では離島・山間の医療や福祉に関する多くの学びや、様々な人との出会いがあり、非常に満足度の高い実習になっています。本実習を土台として地域の保健医療、QOL向上に貢献できる人材育成カリキュラムを構築したいと考えています。