プロジェクトF

地域空間再生デザイン・プログラム

(連携自治体) 佐賀市、唐津市、鹿島市、小城市、嬉野市

事業報告

  一覧へ  

地域の分析と将来像をデザイン

  • 鹿島市の肥前浜宿において「環アジア国際セミナー」を開催
    鹿島市の肥前浜宿において「環アジア国際セミナー」を開催
  • 「佐賀よかとこの家」の学生による「佐賀市魅力発掘事業シンポジウム」
    「佐賀よかとこの家」の学生による「佐賀市魅力発掘事業シンポジウム」
  • 「2014サガ・ライトファンタジー」の電飾取り付け作業
    「2014サガ・ライトファンタジー」の電飾取り付け作業

※クリックするとPDFが開きます。

  概要  

目的

 景観や街並み整備等、地域再生において重要な「地域デザイン」。特に地域の空間分析と将来像をわかりやすく伝えられるよう、対象地の空間的特質や課題を捉えた計画設計、及びデジタルデザインへの展開ができる人材(デザインクリエーター)の育成を行います。また、西九州大学のプロジェクトKと連携し、都市のUD(ユニバーサル・デザイン)による再生にも寄与します。

主な取り組み

  1. 佐賀市、小城市、唐津市、嬉野市、鹿島市の中心市街地や歴史的・伝統的な街並みの景観保全や景観整備、地域交流拠点の創成等。

先生からの一言

三島 伸雄 工学系研究科教授

代表:三島 伸雄
工学系研究科教授

 地域空間の再生デザインのヒントは、「現地」にあります。現地に赴き、資料を集め、分析・解読して地域空間を再生するためのヒントを探しましょう。そのヒントを膨らませて、デザイン提案するためのアイディアをつくりましょう。そのアイディアを模型や図面にビジュアルに表現し、活発に議論できる。そんな人材になってもらいたいと思います。