プロジェクト紹介

佐賀大学ではプロジェクトAからGの7つのプロジェクトを実施しています。
※クリックするとPDFが開きます。

佐賀大学の7つのプロジェクト

A:学生参画による調査・交流・活動を通した地域創成プログラム

五十嵐 勉 全学教育機構教授

代表:五十嵐 勉
全学教育機構教授

(連携自治体) 佐賀市、 唐津市、 鹿島市、 吉野ヶ里町

「中心市街地の活性化」や「離島・山間地域の活性化」「地域コミュニティの再生」を目的に、全学教育機構における教養教育改革の一環として行います。教養教育のインターフェース「地域・佐賀学コース」の「地域創成学プログラム」を基盤に、「文化と共生コース」、「生活と科学コース」、「短期留学生プログラム」との連携によって、地域活性化を目指します。

詳しく見る

B:学生参画による調査・対話・活動を通した環境保全プログラム

郡山 益実 全学教育機構准教授

代表:郡山 益実
全学教育機構准教授

(連携自治体)佐賀市、鹿島市

「地域資源の保全と活用」「有明海の環境保全と活用」を目的に、全学教育機構における教養教育改革の一環として行います。教養教育のインターフェース「環境コース」の「有明海学」「地域環境の保全と市民社会」プログラム、及び「文化と共生コース」の「映像・デジタル表現」において、主体的な環境学習プログラムを実施・構築します。

詳しく見る

C:地域の高齢者及び子どものヘルスプロモーション促進に向けた学生の実践力育成プロジェクト

井上 伸一 文化教育学部教授

代表:井上 伸一
文化教育学部教授

(連携自治体)佐賀市、鹿島市、嬉野市

学生の実践力育成と、地域の発達障害児を含む子どもと中高齢者の健康増進に寄与することを目的に、文化教育学部の健康スポーツ学講座による地域での運動指導等を行います。地域の子どもから高齢者までを対象にすることで、ヘルスプロモーション能力を底上げし、運動・福祉の側面から、地域の健康への取り組みを活性化します。

詳しく見る

D:地域との連携による地域経済政策に関わる学生主体の調査研究と成果の地域社会への還元

戸田 順一郎 経済学部准教授

代表:戸田 順一郎
経済学部准教授

(連携自治体)佐賀県(佐賀地域経済研究会)、唐津市、小城市

学生自身が、地域の経済問題を調査して課題を見つけ、対策の検討とまとめを行います。地域が抱える課題への対策は、佐賀県下の市部における地域経済政策立案主体からなる「佐賀地域経済研究会」の協力を得ながら行い、その成果は大学の公開講座等で発表して地域に還元します。

詳しく見る

E: 離島・山間地域における保健医療とQOL向上のための人材育成プロジェクト

杉岡 隆 医学部教授

代表:杉岡 隆
医学部教授

(連携自治体)佐賀市、唐津市

地域医療実習及び自治医科大学との合同夏期実習の教育実績を基盤として、全学教育機構や農学部のプログラムとも連携して保健医療教育を実施。学生同士の交流や将来の人的ネットワークの形成、地域の文化や伝統に直に触れる機会を持つことによる地域貢献意欲の涵養等を行い、地域での保健医療充実のための人材を育成します。

詳しく見る

F: 地域空間再生デザイン・プログラム

三島 伸雄 工学系研究科教授

代表:三島 伸雄
工学系研究科教授

(連携自治体)佐賀市、唐津市、鹿島市、小城市、嬉野市

景観や街並み整備等、地域再生において重要な「地域デザイン」。特に地域の空間分析と将来像をわかりやすく伝えられるよう、対象地の空間的特質や課題を捉えた計画設計、及びデジタルデザインへの展開ができる人材(デザインクリエーター)の育成を行います。また、西九州大学のプロジェクトKと連携し、都市のUD(ユニバーサル・デザイン)による再生にも寄与します。
詳しく見る

G:アグリ資源の多様性を活用したアグリ医療及び機能性食品の開発プロジェクト

上埜 喜八 農学部附属アグリ創生教育研究センター准教授

代表:上埜 喜八
農学部附属アグリ創生教育研究センター准教授

(連携自治体)佐賀市

平成24年度に農学部に新設された農学部附属アグリ創生教育研究センターと医学部、西九州大学のプロジェクトH・Kが連携して実施するプログラム。農の多面的機能に着目して、生き物を通じた医療や総合的食農教育モデルを開発・実践する「医農連携」と、産学連携の実習を含めたカリキュラムです。

詳しく見る